お勧め旅行・国際・語学系の資格・通信講座|スクール紹介
TOEFLテスト

ケイコとマナブ

【TOEFLテスト】資格案内

下記が、TOEFLテストの検定試験概要になります。
資格名 TOEFLテスト
資格の種類 民間資格
英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテスト
受験資格 特に制限はなし
願書受付
・方法等
下記の3種類の方法で願書受付

@オンライン
A郵便
B電話
受験区分等 スコア方式
試験期日 主に土曜日・日曜日
※詳細は株式会社プロメトリックのWebサイトにてご確認を
試験科目・
内容・方法等
日本では主にインターネットを利用した試験の[TOEFL iBT]が
開催されています。
※[TOEFL iBT]の構成
◆Reading [0−30点]
3−5パッセージ(1パッセージ約700語):各12−14問
・選択問題
・文の挿入問題
・グループ分けする問題など
◆Listening [0−30点]
2−3会話:各5問
4−6会話:各6問
・選択問題
・表を完成させる問題など
◆Speaking [0−30点]
□Independent Tasks:2問
(準備/15秒 回答/45秒)
・好みと理由を問う問題
・支持する意見と理由を問う問題
□Integlated Tasks:4問
-Read+Listen → Speak [2問]
(準備/30秒 回答/60秒)
・要約する問題
・問いに答える問題
-Listen→Speak [2問]
(準備/20秒 回答/60秒)
・要約する問題
・問いに答える問題
◆Writing [0−30点]
□Integlated Tasks:1問
-Read+Listen → Write [150-225語程度]
・要約する問題
□Independent Tasks:1問
(300語程度)
・意見に基づき作文する問題
※[TOEFL iBT]の最高点は120点で、紙ベースのテストに
換算すると最高点は677点
試験時間 ※[TOEFL iBT]の時間配分
◆Reading:60-90分
◆Listening:60-90分
◆Speaking:約20分
◆Writing:50分
□Integlated Tasks [20分]
□Independent Tasks [50分]
計4−4.5時間
合格基準
・レベル
評価は合否ではなく、スコアによってその能力が評価されます。
英語力を測るテストであるTOEICと似ていますが、
TOEFLは主に留学用に活用され、大学のキャンパスや
教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、
「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定するテスト
合格発表 テストの採点は、TOEFLテストの実施団体である米国ETSで
行われます。
[TOEFL iBT]の場合:テスト日から2週間以内
[Examinee Score Report]と[Official Score Report]の2種類の
スコア票があります
◆Examinee Score Report(受験者用控えスコア票)
受験後に米国ETSより受験者宛に1通のみ送付
あくまでも本人の確認用であり、公式なスコア票としては認められない
◆Official Score Report(公式スコア票)
改ざんができないように、米国ETSより直接志望大学等に
送付される公式のスコア票
※[TOEFL iBT]の場合、My Home Page(個人ページ)を作成すると、
オンライン上でスコアの確認ができます。
また、テストの申込・志望団体へのOfficial Score Reportの
送付手続きなどを行う事も可能になります。
受験料 ※締切日によって受験料が異なります。
◆ 210USドル
・受験日の7日前まで
◆ 245USドル
・受験日の3日前まで(オンライン)
・受験日の前営業日17時まで(電話)
試験場所 全国各地
※詳細は株式会社プロメトリックのWebサイトにてご確認を
実施団体等 国際教育交換協議会 CLEE

TOEFLテストのお勧め通信講座・スクール情報

TOEFLテストの資格取得・検定試験突破を真剣に考えている方、
ご自分に会った通信講座・スクールを探してみませんか?。
まずは、無料請求で資料・情報を取り寄せて下さい!
ご希望にびったりの通信講座・スクールが見つかるかもしれません!

キャリアカレッジジャパン