お勧め旅行・国際・語学系の資格・通信講座|スクール紹介
IMF(国際通貨基金)専門職員

ケイコとマナブ

【IMF(国際通貨基金)専門職員】資格案内

下記が、IMF(国際通貨基金)専門職員の検定試験概要になります。
資格名 IMF(国際通貨基金)専門職員
資格の種類 公的資格
受験資格 ※IMFエコノミストの職員採用には、
エコノミスト・プログラムと
ミッドキャリア・エコノミストの主に2種類があります
IMFエコノミストに求められる能力としては…
・英語にて専門的な議論ができ、
分析レポートが書ける高度な語学力を備えていること
・マクロ経済の理論と政策、定量分析の手法、
コンピュータ技能に精通していること
・明快な自己表現力に優れ、外交的手腕に長けていること
・また強いプレッシャー下でも、
チームの一員として業務を遂行できる能力
・金融市場、租税政策、貿易等の専門知識を備えていること
◆エコノミスト・プログラム
(若いエコノミスト向け)
※参加人員は、通常33歳未満の
毎年1,000名前後の志願者の中から、選抜された35名程度
採用の基準として望まれることは…
・マクロ経済学に関する高等教育を受け、
また優秀な学業成績を修めていること
・定量分析の手法とコンピュータ技能に習熟していること
エコノミスト・プログラムの各参加者には、
それぞれの期間が1年の任務を2件与えられます。
そして、2年間のプログラムを終了すると、
エコノミストは正規職員としての採用が検討されます。
◆ミッドキャリア・エコノミスト
(経験豊かなエコノミスト向け)
採用の基準として望まれることは…
・官公庁のほか、金融機関、学術機関あるいは研究機関で、
IMFでの仕事と関連性のある分野での相当の実務経験を
積んでいること
・経済学の分野で高等教育を受け、5〜15年の関連実務経験
を有し、コンピュータ技能と定量手法に習熟していること
※ミッドキャリア・エコノミストは、2〜3年の期限付きで採用し、
その後は終身(正規)職員への道も開かれています。
願書受付
・方法等
◆エコノミスト・プログラム
6月と10月の年2回、参加者を募集
◆ミッドキャリア・エコノミスト
随時
特定のスタッフに空きがでた時点で、経歴と経験を基準に選考
受験区分等 エコノミスト
試験期日 随時
試験科目・
内容・方法等
□書類選考
□面接
合格基準
・レベル
経歴、経験、能力等
合格発表 随時
受験料 無料
試験場所 東京、ワシントン等
実施団体等 国際通貨基金

IMF(国際通貨基金)専門職員のお勧め通信講座・スクール情報

IMF(国際通貨基金)専門職員の資格取得・検定試験突破を真剣に考えている方、
ご自分に会った通信講座・スクールを探してみませんか?。
まずは、無料請求で資料・情報を取り寄せて下さい!
ご希望にびったりの通信講座・スクールが見つかるかもしれません!

キャリアカレッジジャパン