お勧め旅行・国際・語学系の資格・通信講座|スクール紹介
中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

ケイコとマナブ

【中国語コミュニケーション能力検定】資格案内

下記が、中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の検定試験概要になります。
資格名 中国語コミュニケーション能力検定(TECC)
資格の種類 民間資格
受験資格 特に制限はなし
願書受付
・方法等
@2月下旬〜5月下旬
A8月上旬〜10月下旬
受験区分等 評価は合否ではなく1000点満点のスコア表示方式で評価
試験期日 @7月上旬
A12月上旬
試験科目・
内容・方法等
□出題構成:
[リスニング] 計70問
・基本数量=10問
・図画写真=20問
・会話形成=20問
・会話散文=20問
[リーディング] 計70問
・語順=10問
・補充=20問
・語釈=20問
・読解=20問
□解答方式:
四肢択一マークシート方式
□使用言語:
中国語「普通話」(簡体字による表記)
試験時間 □リスニング:35分
□リーディング:45分
合格基準
・レベル
評価は合否ではなく1000点満点のスコア表示方式で評価
※各級のレベル
□Fレベル(0〜249):
ステップアップの第一歩
挨拶はある程度でき、日常生活の基本単語が聞いてわかるレベル。
会話に重点を置いた学習を始めたい。
□Eレベル(250〜399):
挨拶レベルから卒業できる
基本的な事項の確認や自分の意思を伝えられるレベル。
相手が配慮してくれる場合は、ある程度の会話もできる。
□Dレベル(400〜549):
簡単な日常会話レベル
簡単な依頼や買い物・旅行など、特定の場面や
限定的な範囲でのコミュニケーションができるレベル。
□Cレベル(550〜699):
仕事で使えるレベル
日常会話の必要を満たし、限定された範囲内での
ビジネス上のコミュニケーションもできるレベル。
600点なら国内の中国関連業務に従事可能。
中文専攻の4年生は670点を目標に。
□Bレベル(700〜899):
海外で活躍したい人はこのレベル
表現は豊かになり、不自由なく日常生活でのコミュニケーション
ができる。
専門分野の学習をすれば、ビジネス上の交渉・説得も可能なレベル。
海外赴任は700点が目安。
□Aレベル(900〜1000):
中国語の専門家はこのレベル
ノンネイティブとして充分なコミュニケーションができるレベル。
微妙なニュアンスの理解・伝達ができ、あらゆる生活の場面で
不自由のないレベル。
合格発表 実施日から約1ヵ月後に認定証を郵送
受験料 6,300円(税込)
試験場所 全国各地
実施団体等 中国語コミュニケーション協会

中国語コミュニケーション能力検定のお勧め通信講座・スクール情報

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の資格取得・検定試験突破を真剣に考えている方、
ご自分に会った通信講座・スクールを探してみませんか?。
まずは、無料請求で資料・情報を取り寄せて下さい!
ご希望にびったりの通信講座・スクールが見つかるかもしれません!

キャリアカレッジジャパン